「ローカル」と「グローバル」を結ぶ地域特化シェアリングサービス

地域の遊休資産を利用してインバウンド活性を目指します。
地域性を活かした「ガイドブックにない日本」を体験する個人旅行を中心に、外国人旅行客と地域の魅力的なヒト・モノ・コトを繋ぐ地域密着型シェアリングサービスを提供。
また、市町村と連携したインフラ整備、空き家活用を含むコンサルティング事業を展開しています。




「ふるさと」をテーマにインバウンドで目指す形

既存事業の繁閑期を平常化したいという理由もありますが、第一に私が海外の人をおもてなしするのが好きということがSato事業の始まりです。

滋賀県には京都のような国際的な知名度はありません。しかし、日本人の暮らしや、その暮らしを培ってきた文化や変わら無い環境はあまりあるほどあります。
そして、広大に広がる田んぼの風景や、田の字の和室など私たちが当たり前と思うごく普通の風景に感激する外国人の姿をたくさん見てきました。
日本の原風景。ふるさと。これらに対する思いは共通している。そう感じた一瞬でした。


そこで、「一味違う日本旅行」を楽しみたいというセカンドビジットの訪日客に、
「ふるさと」をテーマに日本人の暮らしを体験・伝えることができれば。
また、これをきっかけに地域が賑わい、街にも人々にも活気が戻ることで、滋賀県のみならず日本に新しい価値を創造していきたいと思っています。


あなたの技術を、海外の人へ伝えませんか?

Sato事業では、地域で頑張る人の特技や技術を、Satoを通じて訪日客に提供する場を設けています。
例えば書道。道具の使い方から作品作り、また日本人の心意気まで。あなたのお伝えしたい形で訪日客に魅力を伝えることが可能です。
あなたの技術を体験プランとしてお魅せし体験してもらうことで、海外への新たな宣伝経路を広げることもできます。
その他にも現在、陶芸や着物の着付けなどを地域の方々で行っていただいています。









訪日客への宿泊場所としての提供。また、滋賀県の日本家屋の特徴を生かし、移住ママたちでハウスシェアリング。
将来的には託児コミュニティなどが生まれることを目標としています。





オーナーさん、市町村が活用について悩まれた際に、相談する場所になれたらと考えています。
民泊事業に関しても、ご提案、サポートを行っています。インバウンドに向けたインフラ整備もお手伝いしています。


海外発信したい方や事業者の為の、広告場所としてご利用いただけます。
広告だけなら無料で対応し、オーダーに対し15%~手数料を引かせて頂いてます。
ツアーに組み込んだ形をご要望の場合、内容に応じて広告料も頂戴しています。


提携・協力